LINE公式アカウント配信メルマガvol.10


こんにちは!

IVTT代表の大池です。

いつもIVTTをご愛用くださり、本当にありがとうございます。

 

このメールはメルマガ登録&LINE公式アカウントに登録をして下さっている方に

“月に一度だけ、毎月25日に”お送りするメルマガです。

「ウェブサイト移転」等、余程大きな変更でない限り、月に一度以上お送りすることはございません。

 

今回お届けするメルマガvol.10は

「海外フィットネス紀行〜2017年アーノルドクラシック編〜」

またご要望をいただいたので、おーいけの趣味を二つ掛け合わせた

”フィットネス×海外旅行”

のエピソード、その中の

”2017年アーノルドクラシック”

の思い出を振り返って綴っていきたいと思います。

早速行ってみましょう!

 

[アーノルドクラシックの開催地、オハイオ州コロンバスの所感]

全米最大のスポーツイベントと言えば、アーノルドクラシック。
(来場人数と来場選手数が全米一らしいです。)
(現実は選手と観客ごっちゃにしてると思います笑)

しかし、アーノルドクラシックのエキスポは本当に大きく、フィットネス好きが行ったらずっと興奮して走り回っていると思います。

エキスポが大きい、ということは来ている選手も多いということ。
エキスポ会場だけでなく、建物の中も外も歩けば有名選手に当たる、というレベルで集まっているので、フィットネス好きが行ったらずっと口が開いていると思います。

ところでオハイオ州コロンバスとはどんなところなのでしょう?
あくまでアーノルドクラシックの時期、3月に訪れたおーいけの個人的な感想になりますが、オハイオ州の州都にも関わらず、「閑散とした街なんだな」が印象的でした。
アーノルドの時期にだけ町中の宿が満杯になるので、仕方なく空港近くの大衆ホテルチェーンに泊まりました。
値段もそこまで安くは無かったのですが(1泊7000円程)、空いていないのでしょうがない。
会場まではバスに乗って30〜40分かかる距離でした。

会場までバスに揺られながら外の景色を見るのが好きなのですが、まあ見事に何も無い。
雪も降っていたので、外に出歩いている人もほとんど見かけない。
州都なのに田舎なんだな、と思いました。

大会中はコロンバス市内にあるパワーハウスジムもものすごい選手で埋め尽くされるのですが、コロンバスを見てみたかったので一泊多めに滞在したのですが、大会が終わった次の日は本当にガラガラ。
嘘でしょってくらい人がいなくなっており、その落差に驚きました。

 

[一番印象的な出会い:カイ・グリーン]

アーノルドクラシックで会った有名人で一番印象的だったのは

カイ・グリーン

でした。
そう、あのカイ・グリーンです。

カイ・グリーンは自分のサプリブランド「DynamiK muscle」でブースを出しており、たまたまブースにちょうどよく本人が来たタイミングで並べました。
カイレベルの超人気選手になると、ブースに凄まじい行列ができ、1時間くらいの並ばなくてはならないこともザラです。
(ユリシスjrとかも同じでした)
後ろの方に並んでしまうと、時間がきて終わってしまうこともあり得る。
本当にジャストのタイミングでブースの近くにいたのです。

15分程でカイと話すことができました。
めちゃくちゃ緊張していたので、超早口になってしまい、支離滅裂な英語で喋ってしまったのですが、

「トレーニングを始めた頃から好きだったこと」
「たくさんポージング動画を見てインスピレーションをもらったこと」

を伝えました。

カイは真剣な眼差しで聞いてくれて、スタッフが「後ろにたくさん並んでるからもう終わりよ」と言っても、カイ自身がそれを気にせず、ちゃんと話しを聞いて答えてくれました。

「ありがとう、なんて嬉しいことを言ってくれるんだい」

そしてその時は即答できなかったのですが、

「君は何を探している?(What are you looking for?)」

と聞かれました。
緊張も相まって回答できませんでした。

これは意味合い的には
「君の目標はなんだい?」
「君の目指しているものはなんだい?」
「それに向かっていってるかい?」
というニュアンスに近いものです。
いつかこれの答えを持って、またカイに会うのが夢の一つです!

 

[他に出会った有名人達]

[マックス・チャールズ]

NY出身のベテランプロ、マックス・チャールズ
アーノルドクラシックは招待制の大会なので、誰でも出場できるわけではありません。
この年、マックス・チャールズは招待を受け、大会前々日のミート&グリートにブースを出してました。
この年の最大の目玉は、優勝候補の「セドリック・マクミラン」(予想通り優勝しました)と、前年度212クラス優勝の我らが「山岸秀臣」!
この2人は長蛇の列で写真撮影は不可能でした。

ちょっと残酷なのですが、大会前のミート&グリートではあからさまに人気の差が列の長さで出ます。
上記2人は長蛇ですが、初出場の韓国の選手とか、久しぶりに出場の超ベテランとかは全く列がなく、閑古鳥が鳴く状態、、、
おーいけは大体好きなので、そういうブースを見ると少し寂しくなりますね、、、

ではマックス・チャールズはどうなのかと言うと、決して人気がある方ではありません。
見てくれも割と怖いので、ビビリながら声をかけたら、すごく気さくに対応してくれました。
自分のポスターにどの選手よりもしっかりサインを書いてくれて、すごく嬉しくなりました。

中々上位にはいけないようですが、これからも息長く活躍して欲しいです!

 

[マイク・オハーン]

こちらもおーいけが大好きなマイク・オハーン
ベニスGGでも会っていますが、好きな人には何度でも会いたい!
なのでこの時もブースに寄って会ってきました。
その時、携帯の待ち受けをマイク・オハーンにしてたので、それを見せたらとても興奮して彼女さん(現在は奥様)に

「おいこれを見てくれ!僕が待ち受けになってるんだよ!」

と見せておりました。
さすがスーパースター。好感度しか上がらん、、、

いつも連れている相棒、ストライカーちゃんの悠々自適さもしっかり写真に納めておきました。

 

[ジェイソン・ポストン]

メンズフィジークのトップ選手、ジェイソン・ポストンと。
この時、あのカネキンさんもアーノルドクラシックに来ていたらしく、全く同じブースでジェイソン・ポストンにインタビューしている動画が上がっております。
それがこちら

会場の雰囲気もわかる良い動画ですね!
おーいけもこの時なぜこういうのを撮っておかなかったのか、、、
一応エキスポ会場の動画はあるんですが、どこかでうまいこと編集して公開できたらと思います。

ジェイソン・ポストンは見た目通り爽やかに

「へい!こっちおいで!写真撮るぞ!」

と対応してくれました。
この時のおーいけの写真、何故か盛れてて好きですね、、、笑

 

[プロテインバーブースの金髪美女達]

エキスポと言ったらフィットネスガールズ達も見どころの一つ!
友人のティファニー・アダムスが有名プロテインバー、questのブースにいたので挨拶に寄ったところ

「友達に紹介するわ!日本から来た友人のショーゴよ!」

と紹介してくれました。
そしたらあれよあれよとブースの美女達が!!

「あらー!ショーゴっていうのね!とってもキュートね!」
「ショーゴはとてもファニーね!」

と可愛がってもらいました(グヘヘ)。

ティファニーはベニスGGに通ってた時に仲良くなり、いつもとても良くしてくれました。
とても快活で、こちらのつたない英語の話も毎回しっかり聞いてくれて、いつ会っても歓迎してくれる、そんな素敵な女性なのです。
今はコーチングを軸に、様々な活動をしているみたいです。

 

いかがでしたでしょうか?

今回も3000文字を超える中々のボリュームになってしまいました!
これでも撮った写真の1/100くらいです。
是非おーいけと会った時にでも、たくさん聞いてくださいね!
「この人会ったことある?」とか「この人実際どんな感じ?」とか
遠慮なく聞いてくださいね。

ここまで読んでくださりありがとうございました!

ご質問やご意見等は

メール

info@ivtt-wear.com

いつでもご連絡ください!

アーノルドクラシックからの影響もあるIVTT TOPページを見てみる

いつかアーノルドクラシックのエキスポに出してみたいIVTTの商品一覧を見てみる