IVTTの奇妙な成り立ち〜第六部:スターオーシャン〜


「落ち着くんだ・・・『素数』を数えて落ち着くんだ・・・」

前回第五部は「アパレルは泥臭い仕事がたくさん!」というお話でした。

前回はこちら

今回の第六部はブランドにも大きな影響を与えた一番の憧れ

「アルテムス・ドルギンとの出会い」というお話です。

今もブランドを動かす大きな原動力になっているその力の源とは!?

その源泉をご覧あれ!!

「道がひとつしかなくても、それがかすかでも、考えがあるなら、それはきっとうまくいく道」

 

〜〜〜

 

[一番の憧れ、アルテムスとの出会い]

度々このシリーズに出てきていた憧れのボディビルダー、アルテムス・ドルギン@artemusdolgin

その出会いの軌跡がこの第六部かつ、力の源泉なのです。

 

アルテムスを最初に発見したのはインスタグラムでした。

言葉より写真、まずはその衝撃を受けた写真をお見せしましょう、、、

この漲るバルク!

しかし、このような単品写真ですごい選手はごまんといます。

アルテムスはロシア出身、ロサンゼルス在住のプロフィジーク選手です。

本人はフィジークというより、シュワちゃんの時代を原点かつ至高とする

“Golden Aesthetics”というブランドをやっています

そしてそのフィジーク選手離れしたデカすぎる身体が衝撃的だったのです。

その写真がこちら

いや、審査基準から完全に外れている、デカすぎるでしょ、、、

フィジークはあくまで「ビーチでサーフパンツが似合うボディ」というコンセプトで始まったカテゴリーです。

(近年は肥大化が進んでバルクも必要、という基準になりました)

サーフパンツから上半身はみ出しすぎでしょ、、、

なのでアルテムスは選手としては好成績を収められていません(IFBB Proではあります)

しかしこの写真を見た時におーいけは「めちゃくちゃかっこいい、、、」と衝撃を受けたのでありました。

 

そこからアルテムスに近づきたくトレーニングを励む日々。

トレーニングノートにもアルテムスの写真を貼っていつでも見れるようにしました。

どうしてもアルテムスにトレーニングを教えてもらいたかったのですが、どうやらオンラインコーチング

(メールのやり取りのみで行われるパーソナルトレーニング。アメリカでは一般的)

のみの模様。

アメリカへ留学することは決まっていたので、意を決してアルテムスにメッセージをしてみました。

 

「あなたの大ファンです。アルテムスはパーソナルトレーニングはやっていますか?」

 

まさかまさかの返信が!

 

「メッセージありがとう。パーソナルトレーニングはやっていないんだすまない。
オンラインコーチングならやっているよ」

 

憧れの人からの返信に舞い上がったおーいけは即オンラインコーチングを申し込みました笑。

アルテムスのオンラインコーチングは3ヶ月だったのですが、その間にアメリカ留学が近づいてきました。

 

[アメリカ上陸!アルテムスに会うためにはどうすれば?]

アルテムスのコーチングを2ヶ月程受けたところで、いよいよアメリカへ出発する時がやってきました。

飛行機は特に問題なく着陸!

荷物をピックアップしたらWiFiを拾い、いの一番にアルテムスにメッセージを送りました。

 

「Hi アルテムス!今アメリカに到着したよ!ジムに行けばあなたに会えますか?」

 

もうアルテムスと同じアメリカ時間で動いているため、すぐに返信が来ました。

 

「ようこそアメリカへ!今忙しいからいつジムに行くか正確な時間はわからない。
また聞いてくれ」

 

とのこと。

まあここから半年いるわけだし、ベニス・ゴールドジムに行けばいるはずだから会えるだろう、ということでとりあえず会員登録をしてトレーニングを始めました。

(アルテムスは現在ベニスゴールドの人達と仲が悪くなったようでもう通っていません。複雑な気持ち、、、)

 

ベニスゴールドジムでは毎日毎日世界トップビルダー達から一般の人までが迫力のトレーニングを楽しむ、まさに聖地!

おーいけもエリック・ディラウロというコーチに習いながらアルテムスと会える日を心待ちにしていました。

(このエリックも来たばかりのがおーいけにほんとーーーーーに良くしてくれました。

英語も教えてくれたし、ジム内の有名な選手と一緒に写真をたくさん撮らしてくれました。

本当に良いコーチです。

渋滞で2時間遅れたことあるけど笑)

遂に夢実現!アルテムスと出会う!え、そんなことまで実現!?

そんなベニスゴールドでトレーニングを楽しむ日々を約2週間。

ある日トレーニングを全て終え、そろそろ帰ろうかと思っているところでした。

見たことある身体のシルエットがジム内に足早に入ってきます。

 

おーいけがそれを見間違うはずがありません。

 

何度写真を見たことか。

心臓はバクバク。

走ってアルテムスのところに行き、つたない英語で話しかけました。

 

「アルテムス初めまして。いつも連絡していたShogoです。ずっと会いたかったです。」

 

興奮と嬉しすぎで泣いてしまいました笑。

だってアルテムスに会いたくて留学前のアルバイトとかもがんばってきたわけですから。

潤んでしまっているおーいけに、既にトレーニングの戦闘モードに入っているアルテムスが口早に言います。

 

「Shogo、もちろん知っているさ。こちらこそ会えてうれしいよ。トレーニングするか?」

 

まだあまり英語がわからなかった時期ですが、耳を疑いました。

 

アルテムスと、、一緒に、、トレーニングだと、、、!?

 

もじもじしてしまっているこちらの返答を待たずに

 

「受付でパワーバーを買ってこい!すぐ食べてトレーニングだ!今日は胸と二頭筋だぜ!」

 

約2時間程のトレーニングを終えていたおーいけ。

そんなことはまっっっっったく関係ありません!

精神がトレーニングに影響を及ぼすとはまさにこのこと。

嬉しさの絶頂にあるおーいけの身体には力が漲ってました!!

一緒にトレーニングした模様はこちら

大きなダッフルバックに色々詰めて持ち歩くのがベニスのプロの特徴!
同じダッフルバックの色違いを日本で買いました笑

この厚み、、、これが本物のプロや!!!

この本気具合、、、これが本物のプロや!!!!

腕の血管がエグいんすよ、、、これが本物のプロや!!!!!

厚みを撮りたかった鏡に映っているおーいけ

全ての仕草、動きがかっこいい、、、

まさに夢見心地

これ以上の幸せがあるのか、、、いやない。

約1,5時間の夢の時間が終わり放心状態になったおーいけ。

そこに腹が減ったを連呼していたアルテムスが「飯食べにいくぞ」と。

 

え???飯を一緒に食べに行く???アルテムスとトレーニングできただけでも夢が叶ったのに、一緒にご飯を食べる???もしかして俺○んじゃったの??

 

もちろん答えはYES!!!

アルテムスの知り合いっぽい若いトレーニー達と6人くらいで近くの定番レストラン、ファイアーハウスへ向かうことに。

ほんとに英語がわからなくて、アルテムスおすすめのソースが辛すぎて、これは現実だとわかりましたが、最高の時間でした。

未だに信じられん、、、

ジムに戻り、最後に写真を撮ってくれとお願いしました。

緊張してカチコチのおーいけと目をつむってしまったアルテムス

緊張したおーいけを気遣ってくれたのか、ヘッドロックしてくれた!笑

そしていつ会っても大丈夫なように常にカバンにアルテムスへのお土産を常備していたので、それを遂に渡す時が来ました!

トレーニングの時によく頭になにかを巻いているイメージがあったので、
ジャパニーズ手ぬぐいをプレゼント!

「おいおい、バレーボール選手みたいだぜ!!」

ってめちゃくちゃ笑ってました笑

手ぬぐいしたアルテムスともう一枚!

 

そして最後のサインタイム。

 

上述したように3枚もアルテムスの写真を貼ってモチベーションにしてたトレーニングノートにサインをもらいました。

正直筆記体が読めない箇所がありますが笑

「〜〜友情に限界は無い。アメリカの友人、アルテムスより」

とメッセージまで書いてくれました(日付は間違っている笑)。

これがおーいけのアメリカン・ドリームが叶った日です。

これ以上興奮した日は今のところ記憶にないです。

本当に本当に嬉しかったです。

 

[アルテムスとの後日談〜アメリカ最終日まで]

半年の留学の最初の2週間目でアメリカン・ドリームを達成してしまったおーいけ。

ではその後アルテムスに会う機会はあったのか?

 

まだまだありました!

上述した“Golden Aesthetics”が欲しくて買うも、以前にも書いた荷物紛失事件。

 

それをブランド運営者であるアルテムス本人に直接相談したところ、なんと後日!

アルテムス本人が着ていたタンクトップを例の大きいボストンバックから直接手渡しでくれました!

(ちょっと写真見つからなかった、、、上の写真は前述したエリックと別の選手スタンがくれたやつです、、、優しい!)

 

そしておーいけがアメリカから離れる最終日。

 

最後の日だからアルテムスに会いたい!とお願いしました。

アルテムスは「14時過ぎにジムに行くよ!」と連絡が来るも

実際来たのは18時、、、

 

それは置いといて

アルテムスは最後に「Shogoは今日アメリカ最後の日だから、餞別だ」

また自らのブランドのタンクトップをくれました。

もう本当に毎回毎回会えるだけでも嬉しかったのに、、、泣

そして最後にアルテムスと写真を一枚!

めちゃくちゃ緊張して顔ひきつってますね、、、笑

(あと腕が盛れてますね!全盛期です!!)

あとアルテムスのこのトレーニングスタイルめちゃくちゃかっこいいですよね!

 

そうして夢のアメリカ生活は

憧れの人との出会いで始まり、憧れの人との別れで締めくくれたおーいけでした。

 

おーいけと会った時のアルテムスのトレーニングビデオ

 

 

このアルテムスとの出会いは強烈な原体験として心に残っています。

4年経った今でも一番嬉しい人生の日となっています。

そしてそれはIVTTでも大事にしていることです。

IVTTを着てくださる方達にも、シチュエーションは違えど、同じような感動を与えられたら。

それを実現するために、おーいけは努力を惜しみません。

いつかアルテムスに「IVTTでこんな嬉しいことがあったよ!」と報告するのが夢の一つです。

 

〜〜〜

 

ここまで読んでくださりありがとうございました!!

 

次回!「IVTTの奇妙な成り立ち」第七部は「スティール・ワールド・ラン」!

 

IVTTを始めてからの軌跡を綴りたいと思います!

日本全国出展行脚の旅

アメリカ、ドイツのEXPOへの旅

それはまさにアメリカ大陸横断レースと比肩するレベルの激しい旅路の記録!!

乞うご期待!

アリーヴェデルチ!(さよならだ)

 

IVTT Topへ戻る

IVTT's Note記事一覧へ戻る

IVTT商品一覧ページへ